上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ものつくり大学

大学の授業が始まりました。
こらから1Q、2ヶ月チョッと毎週金曜日が一日授業でつぶれます。
8月までは仕事が暇でしたが、ここのところ仕事が忙しく、週一日仕事が出来ないのも意外に負担になりますが、学生との接触は楽しいものです。


特に建築計画の授業ですから、生徒の出してくるプランを見るとそれぞれ個性があり、まじめに取り組んでいる生徒もあれば、まったくやる気の無い消化すればよいだけのプランも有り、その中でも「これは面白い」と言う案があったりすると感動したりと、計画は楽しいものです。


生徒にこの楽しさを教えなければならないのでしょう、そして新しいものを生み出す苦しさも味あわせてあげなければならないと思います。



さて、私の収集癖がクラシックカメラに及んでいます。
愛らしいカメラを紹介します。
千代田光学のミノルタ-A、今から52年前、
1,955年に発売されたカメラです。
ミノルタA

今ではミノルタというのは会社名ですが、最初はカメラの商品名だったのですネ。
上から見ると楕円形のかたちをしたカメラで、とても形が良いので気に入っています。


絞りもシャッタースピードもピンとも全てマニュアルですので、1枚撮るのに少々時間が要りますが、撮るたびにこの設定で良いのか緊張します。
今の全自動カメラですと、シャッターボタンを押すだけですからめんどくさいと言えばめんどくさいのですが、一枚一枚撮るのに心構えが違うのは気持ちのいいものです。


おさんぽカメラにはチョッと重たいですが・・・

ミノルタA上部
スポンサーサイト
2007.10.02 Tue l 銀塩カメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
彫刻の小路より

彫刻の小路からの館林美術館です

夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史Ⅰ.関東編
群馬県立館林美術館に行きました。
群馬県は二つ目の県立美術館です。
一つ目は磯崎新氏設計の群馬県立近代美術館、良い美術館です、ただいまアスベスト除去工事中、今年は見られません・・・


遠景

ここ二つ目の美術館は、第一工房高橋てい一氏の設計で、第17回村野藤吾賞を受賞した建物です。
半円形の芝生広場に、赤い花崗岩の展示室が飛び出ている、本館は水平線を強調しているが半円形の芝生広場より少し床を下げたガラス・コリドーが綺麗な円を描きその間を水が・・・流れているはずであったが、現在は水を張っていなかった。残念・・・当初の姿を見てみたかった。
近景


さて、写真はいつ日本に渡ってどのように広まったか。ちょっと気になったので建築見学を兼ねて訪ねました。
写真が伝わったのは、黒船ペリー来航の時が最初、その後来日した写真師から写真術を学び広がっていったわけですが、当時の写真撮りは撮影に時間がかかり動きのあるものは撮れず、人物写真などは長時間じっとしていないとピンボケになるため、プリント後に加筆するそうで、セピア色の白黒写真だけかと思っていたら着色したカラー写真がありびっくりです。
「写真師」から「写真士」と言葉を変えた時代があって、今では「写真家」になっているわけですが、「建築士」、「建築家」、改めて自分の職名?は・・・「建築家」でしょうか。

とても空いていてじっくり見ることが出来ました、空いていることは人気があまり無いのでしょうか。
酷暑のときは涼しい美術館で過ごすのも良いものです。
この館林美術館は、入り口エントランスから裏の出口までは公園と一体になった散歩道になって設計されている建物なのです、散歩がてらに通過出来る設計案は素晴らしいではないでしょうか。裏の出口にはポンポンのアトリエが再現されています。
時間が有れば、彫刻の小路も含めて散歩がてら出かけてみてはいかがでしょうか。
2007.08.23 Thu l 銀塩カメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top


とうとう買ってしまいました、憧れのNewF-1。
モータードライブも付けてしまいました。
この重量感がたまりません。
今度の日曜は早速撮影に出かけなければ、愛用のA-1も一緒に持って・・・
2007.07.27 Fri l 銀塩カメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
マニュアルフォーカス



長年愛用しているカメラですが、マニュアルフォーカスです。今では骨董品みたいになりつつありますが現役です。


オートフォーカスの一眼レフも持っていますが、両方とも年に4,5回しか使いません、もっぱらデジカメ主流になりました。持ち運びが便利でデータ保存が出来て、と便利この上ないのですが、「写真を撮るぞ」と言う気持ちが入るのはやはりマニュアルフォーカスですネ。

建物の完成写真を撮るときはこのカメラとリバーサルフィルムです。撮ったらとったで整理が出来ずマウントケースにメモを入れるだけ、メモも入っていないのもあっていつ撮影したかわからないものばかりで溜まっています。この暇な時に整理しなくては・・・
2007.07.03 Tue l 銀塩カメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。