上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
080213風車発電機s


和光市役所に設置された風力発電機です。
発電した電気をいったん蓄電して、夜間の街灯の電力としています。
これと同じ型のものを今設計している地域センターの敷地に設置します。

この写真を撮影した日は風が強く良く回っていましたが、風を切る音がしないのですネ。
プロペラ風車で風きり音がうるさいと聞いたことがありますが、ぜんぜんしないので驚きです。

この回転翼の形は、ジャイロミル型と言うそうで、縦の帯状のものが一枚一枚飛行機の翼の断面と同じように揚力を発生して回転する力に変えています。
プロペラタイプですと見た目の恐怖感が有りますが、これは安心して見ていられます。プロペラタイプは今にも飛んできそうですよね。

小型風力発電機は、環境への配慮と電気について興味を持ってもらうためには身近で良いものです。
スポンサーサイト
2008.02.13 Wed l 建築 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。