上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
080628-1.jpg

モバイルアートのパビリオンに行ってきました。

080628-2.jpg

設計は、ザハ ハディド
まさにデジタルデザインでしか出来ない曲線で構成されています。

ゆるやかなスロープの床には照明が組み込まれ、夜景は綺麗でしょう。
解体前の夜にもう一度訪れて見たいです。

080628-3.jpg

この曲線に流れ込むようにアプローチを取り、エントランスへと向かいます。

080628-4.jpg

中に入ると、一人一人にMP3プレイヤーを付け、一人一人が案内に従い音楽や解説を聞きながら移動します。
なかなか面白い体験です。
一人一人別々に時間差で移動しますので、作品はじっくり見られますが、
制限時間は決まっています。
全部見終わるまで45分間。
最後は建物中央のトップライトのある広間での作品鑑賞と
荷札見たいな紙に個人の夢や希望を書いて、大きな松の盆栽の枝に掛けてきます。
希望が叶うようにと。

080628-5.jpg

後ろへ回ると円盤のような建物です。

080628-6.jpg

直ぐそばに丹下さんの設計した代々木体育館があります。
これもまた曲線美が美しい。
デジタルでない時代の美しさが有ります。

異次元の空間体験でした。
それに入場料が無いのがうれしいです。
スポンサーはシャネル

当日券は並べば手に入りますが、すべて時間指定です。
今日は1時間待ちといってました。
私は予約券でしたので待ち時間無しでスムースに入れました。
このようなシステムも今までに無かったものですね。
貴重な体験です。
スポンサーサイト
2008.06.28 Sat l 建築 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。