上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
空間ワークショップ

SWS-1

1.8mと0.9mの角材とゴムを使って「家を建てよう」という空間ワークショップに参加です。
上の写真がワンセットです。

JIAの中野地域会とJIA埼玉の主催です。
子供たちの想像性にまかせて、角材を三角や四角に輪ゴムでつなぎ合わせフレームを完成させていきます。
SWS-2
子供も私たち建築家もどのような家を造っていくのか想像しながら作業の開始です。
SWS-3
こちらは四角い平面からの作成です。
SWS-4
三角形のブロックの組み合わせが意外におもしろい。


我々建築家はあまり口を出してはいけません、子供たちの想像から形にするための支援に廻ります。
子供の手の届かないところや組み上げたフレームを乗せる作業は大人がしなければなりませんが、
子供主体に行ってもらいます。
SWS-5

初めはおとなしかった子供らもだんだん形になって行くごとに、次々に新しい発想が生み出されます。
ここをこうすればもっと納まりも良くかっこが良いのになと思いながら見ているのも楽しいものです。
今日は暖かくて汗をかくぐらいでしたが、風がつよく軽い骨組みですから、
飛ばされる危険が有りますので気を使います。

SWS-7

ちょうど芝生の部分とタイル貼りの部分が建物の敷地の区画のようで、
タイル部分が道路のように見え、チョッとした町並みを創造させます。
SWS-6

エスキースを行っているようで夢が膨らんで、大人がやっても大変おもしろい企画でした。
スポンサーサイト
2010.03.13 Sat l 建築 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。