上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週は住宅エコポイントの申請を3件受けました。

申請を受け付けたあとインターネットにて私どもから申請します、
申請のサイトにて申請書類を記入し受け付けた申請書をスキャンしてサイトに登録します。
この一連の作業に2時間弱係ります、性能保証書などが20枚くらいになる物件は、
3時間はかかりますが、3件もあると登録作業で1日潰れてしまいます。

「お金を貰っているのだからしかたがないのでは」と仰る人がほとんどですが、
一件の受け付け手数料は微々たるもので、建築士の業務としては安すぎるのです。

今年度より太陽熱発電や節水トイレ、高断熱浴槽もエコポイントの対象になりました。
それにより受付審査書類が増えているのに審査手数料は変わりません。
おかしいことです。

一般消費者から申請書の書き方とかエコポイントの説明とかの問い合わせの電話も結構来ます、
私どもは申請を受け付けてその書類を事務局に送るだけの業務しかやらないことになっています。
でも、しかたが無いので解る範囲でお答えしますが、
出来るだけ住宅エコポイント事務局に問い合わせしていただくと助かります。
今日は5件も問い合わせがありました。

CADをしているときや計画スケッチしているときは途中で邪魔されたくないものです、
電話は時を選ばず掛けてくる方の都合で来ますので、中断されると集中力が途切れます。
自分も電話を掛けるときは自分の都合の良い時間に掛けるのでおあいこですが。

愚痴になってしまいました。
スポンサーサイト
2011.01.31 Mon l 建築 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。