上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
桜守 佐野藤右衛門 さんの話で、

「建物は管理できますけど、自然や植物は管理できまへん。管理できるという考えは、
人間のおごりですわ。植物は管理ではなく、育成せなあきません」

「犠牲を最小限に抑えるためには、自然の声に耳を傾ける謙虚な態度が必要と違いまっか」

読売新聞の「時代の証言者」に出てくるお話ですが、人間のおごりということばに
納得してしまいました。

人間がコントロール出来るものとして自然災害を考えているふしが有ります、
建物もしかり、ヒューマンスケールをはるかに超えたものは自然には勝てないと思い知らされたのも
今回の震災です。

建築家協会から仙台市での住宅相談の依頼がありました。
ボランティアに参加できないことに歯がゆさを感じています。
スポンサーサイト
2011.04.30 Sat l 建築 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。