上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は真冬に逆戻りです、でもこんな低温のときは花粉が少ないので少し安心です。

「英国王のスピーチ」見てきました。

これはなかなか面白い作品です、実話でもあるのですが、当時の英国の背景と
イギリス王室の失態のことをこんなにまで描いて良いのだろうかと思ってしまい
心配になる反面ここまで描いても許されるのは王室と庶民との近さだと思います。

イギリスならではないのでしょうか。
良かったです!
スポンサーサイト
2011.04.03 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kousekkei.blog109.fc2.com/tb.php/250-ac5fdd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、2人の男の成…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。