上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前から雨漏りが止まらなかった地域センターで散水漏水試験を行いました。

散水漏水試験

ALC版にタイル貼の建物で、タイルとALCの間に雨水が入り込み、
基礎立ち上がり部分に溜まって室内に侵入していることは解っていたのですが、
じゃあどこから、どの部分から進入しているのか解りませんでした。

今回、西外壁面を4ブロックに分けて、順次散水して室内にどこで掛けた水が浸入しているのかを
2日間かけて調査しました。

侵入箇所は、基礎立ち上がり打ち継ぎ部分と判明しまして、早速補修工事です。

雨漏りの原因箇所がわかって良かったです。


スポンサーサイト
2012.04.26 Thu l 建築 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kousekkei.blog109.fc2.com/tb.php/636-69440fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。